読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くだらないの中に

TEAM NACSとか

おげんさんといっしょ

 

先日、『おげんさんといっしょ』が放送されました。

放送前から随分話題になっていたので、

ファンに限らず視聴された方は多かったのでは。

 

本編の感想の前に、少し。

放送前にテレビ、そして公式ホームページで公開されていた、

”おげんさんの動画”というPR動画がとてもツボでした。

おげんさんと、おげんさんちのねずみとのゆる~い会話がとても可愛く、

何度も何度も繰り返し見てしまいました。

テレビ版より公式ホームページの方が長いのですが、

その緩さが本人達も話しているように、ラジオのよう。

おげんさんは勿論なのですが、

ねずみの声を出している俳優の宮野真守さんの返しがとても素晴らしい。

星野源さんに関してはまだ全然詳しくないのであれですが、

おげんさんと宮野さんは以前から何かしら交流があったのでしょうか。

もしないのであれば、フリートーク力の高さに感服です。

PR動画の中で一番好きなのは、『うまそー募集』というもの。

放送時間の夜11時過ぎに食べ物の写真を見て「くそっ」とみんなで言うために

美味しそうな食事の写真(いわゆる飯テロ)を募集するのですが、

その中でおげんさんの好物ラーメンの話になります。

おげんさんラーメン好きにも関わらず、食べるとお腹を下すらしく、

冬、雪が降った日に起きた、星野源VS腹痛を話してくれました。

世間では大ブレイクと言われ、今をときめく星野源

こんな赤裸々に、そして嬉々としてこんな話をしても良いのか。

私はこういう人大好きですけどね(笑)

もしPR動画見ていない方がいたら是非ご覧になってみてください。

 

さて、本編。

事前情報では聞いていましたが、出演者が豪華。

元朝ドラヒロイン高畑充希ちゃんに、

逃げ恥で共演した藤井隆さん、

そして日頃から源さんのサポートをしているミュージシャンの面々、

声優界のプリンス宮野真守さん、

そして源さんも昔からファンだった大御所細野晴臣さん。

細野晴臣さん、正直私はよく知りません。

でも凄い人だってことは知っています。

YMO……ですよね?

(すみません世代じゃないのでどうも分からなくて)

源さんのエッセイやインタビューにも度々出てくる、星野源の憧れの人。

そんな人と自分の冠番組で共演し、

(ただの)ファンだった頃から聴いていた曲を一緒に歌う。

もう源さん本人からしたら夢のような幸せな時間だったのでしょうね。

私で言えばそうだなー、

賢太郎さんやNACSと舞台で共演、林檎さんと一緒にライブ、みたいな。

可能性も無いのに考えただけで死にそう。

なんかもう源さんの話って、夢があるなぁとしばしば思うのです。

元々は人が大好きなだったのに、

学校でうまくやれず自分を守るように「人嫌い」になろうとした。

そんな暗くて鬱屈した時代を過ごしながらも、

芝居、音楽、自己表現の場所に出会った。

ずっと大ファンだった人に「歌ってみたら?」と言われたことで

歌い手としての自分を見つけることができた。

「どれか一つに絞りなさい」という忠告を

「好きだから」という理由で無視して諦めず続けた結果、

ミュージシャン・俳優・文筆家、3つの顔を持つ唯一無二の存在になった。

 なにこのサクセスストーリー。

勿論その根底には、源さんの挑戦と努力が数え切れない程あります。

だけれど、もしかしたらって思うのです。

「努力は報われる」とか、「諦めなければ夢は叶う」とか、

「まずは一歩踏み出そう」とか。

そういう言葉たちは、大人になった今全てが本当ではないことを知っていて。

けれども、もしかしたら、もしかしたらって。

くさいな、「こんなの嘘だ」とつい追い払ってしまう言葉が、

源さんの話を聞くと、やっぱりまた信じようかなと思えたりするのです。

 私みたいな大人でもそう思えるのだから、

もし学校でうまくやれない学生さんとかがいたら、

こういう人もいるんだって知ってもらいたいなって思ったりします。

今キラキラして人生楽しそうに見える人が、

生まれたときから今まで、ずぅっとキラキラしているわけじゃないって。

それを知ったら、少しは気持ちが楽になるんじゃないかな。

と、細野晴臣さんと歌うおげんさんの姿を見ていて思いました。

 

ちょっと真面目な話になってしまいました。

失礼いたしました。

 

一時間番組でしたが、ほど良く緩く、

出演者が皆一同に楽しそうに笑顔でいたのが印象的でした。

(藤井さんが緩すぎて心配していたのも面白かった)。

やっぱり「好き」「楽しい」は人を動かすし、

それを見た人の心も動かすんだなと思いました。

とりあえず今回は単発番組でしたが、

評判が良ければ(というより良さそう)第2回もあるかもしれませんね。

ゆくゆくはレギュラー?なんて期待しております。