読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くだらないの中に

TEAM NACSとか

小さな巨人 第一話

 

小さな巨人』第一話が昨夜放送されました。

今朝視聴率も発表され、好調なスタートだったようです。

news.livedoor.com

 

内容もとても面白かったです。

一話で出てきた事件、解決したように見えてまだ裏があるようですし、

これからの展開が楽しみです。

 

 

 

さてさて。

このドラマに出演しております、我らが安田顕

みなさんはどのような感想を持たれましたでしょうか。

私は、「結構出るなっていうレベルじゃなかったわ」という驚きでした。

放送前、度々このドラマのCMを観ました。

基本そこに映るのは主演の長谷川博己さん。

そして香川照之さん、岡田将生さん、芳根京子さん。

長めのCMであれば春風亭昇太さんも出てました。

でもでも、私が見た中で顕さんが映っているCMは一度もなかったんです。

(新ドラマ特集とかの番組内で流れるCMには出てきましたけど、通常番組と番組の間にながれる15秒のCMには出てこなかったという意味です)

下町ロケット』で随分良い役をいただいていたので、

今回も期待できるんじゃないだろうかと思っておりました。

なので、CMを見たときはとても残念に思いました。

しかし見てびっくり。

出るわ出るわ。

基本物語の鍵握ってるの顕さんじゃないですか!

長谷川さん演じる香坂が所轄へ左遷されることになるきっかけの人物、

中田隆一に引き合わせてしまったのも顕さん演じる渡部だし、

中田隆一が犯人じゃないと最初に気付いたのも渡部だし、

じゃあ真犯人はってところで目撃証言聞いてくるのも渡部だし、

物的証拠を見つけてくるのも渡部だし、

真犯人のことを一番よく分かっているのも渡部だし、

自首を促そうとメッセージを送るのも渡部だし!

もう全部渡部。

物語動くところに渡部有り。

なんでCMに全然出てこなかったのか不思議なくらい。

キーパーソンになっちゃうから出せなかったの?

なんなの?(笑)

いやはや、こんなに目立つなんてねー。

予想もしていなかったので、見ながら、

「なにこれ顕さん良い役じゃん!凄いじゃん!」とCMに入る毎に騒いでました。

 

顕さんの泣きのシーンがありました。

亡くなった風見京子さんのお墓の前のシーンです。

顕さん、舞台では泣きのシーン多い印象ですが、

ドラマではあんまり泣いてるイメージはないです(私の中で)。

特に、昨日のように目を真っ赤にされているのは珍しいかと。

しくしく俯いて泣いたり、嗚咽を漏らすような泣き方はあっても、

あんなに目を真っ赤にされて、でもグッと堪えて、みたいのは……

思い当たらないのです。

だから見たとき、おお!と思いましたし、

あのシーンで渡部という刑事の人物像みたいのが見えてきた気がしました。

 

そのあと、自首を説得している最中に本庁の特殊班に現場に踏み込まれてしまい、

渡部の元にも捜査一課の止めが入り、取り押さえられてしまうシーン。

風見康夫を守れなかった悔しさ、

現場に踏み切った捜査一課への恨めしさ、

「上を説得する」と言ったが結果説得しきれなかった香坂への思い、

それを信じようとし仲間を見つけたと思えた気持ち、

所轄は所詮所轄、という拭っても拭いきれない現実、

抗いきれなかった自分、そして警視庁という組織。

スローモーションの中、複雑に感情が入り混じった表情は素晴らしかったですし、

取り押さえに対し一切抵抗しないところに渡部の一種の諦めも感じました。

役者安田顕

ほんとうに素敵でした。

 

公式ホームページの第二話のあらすじにある写真には顕さんの姿も。

これからもバンバン活躍してくださることを願うばかりです。

しかしながらこのドラマの現場、結構慌ただしそうですね。

放送当日も公式Twitterがこんな呟きを。

 んーと、これは、ここでロケしてるのは、まさか2話以降の分よね?

ああやって書かれたので、放送12時間前にまだ出来上がっていないのではという、

ドキドキ感を味わってしまいました。

いやはやそれにしても大変そう。

演者スタッフ共々健康には気を付けて頑張っていただきたいです。

 

余談。

一話冒頭に出てきたホテル、ロケ地が東日本ホテルという場所なんですが、

所在地が栃木県の宇都宮なんですね。

私地元が栃木県なのでちょこっとだけ嬉しかったです(宇都宮ではないですが)。

顕さん栃木来てたんだーって。

それだけです。(笑)